夜行バスって無駄に移動時間かかるんじゃないの?

ニュースで大型車の事故を見かけることがあります。

連日流れるなんてこともしばしばありますから強く印象に残って気になっているという人がほとんどではないかと思います。

高速道路というのは速く走るための道路ですから車は速度を上げて走ることで流れを作っています。

車は大きければ大きいほど運転に高度なテクニックが必要となってきますしスピードにのったときのパワーは比例して大きくなります。

事故率でいえばそれほど高くないようなのですがマンパワーに頼った乗り物であることと相まって深刻な事故になりやすいとも言えるかもしれません。

電車や路線バスには大体お得な回数券がありそれを利用すると少々お得に乗車できたりするのですがただでさえ安い高速バスにもあるのでしょうか。

サイトなどをチェックしてみますと窓口で販売されている会社がありました。

夜行バスは夜の間に運行する高速バスです。

指定の駅からバスに乗ると翌朝には目的の場所に連れて行ってくれるので人気があります。

バスの中で泊まることになるので宿泊代も必要ありませんし、バスの運賃も飛行機や新幹線などより安いので、特に旅費にあんまりお金をかけられないという方におすすめです。

しかし、バスで睡眠を取る必要がありますので慣れていない方はぐっすりと寝ることが出来ずに体調を崩してしまうかもしれません。

その対策として、簡易枕やアイマスクなどを準備してくる方もいるそうです。

同じ路線を何度も使う予定があるという人は手に入れないのはもったいないと思います。

ただしそれぞれには有効期限があったり当たり前ですが数枚まとめての購入だったりするので使いきれるかどうかは判断しなくてはなりません。

一部使いきれなかったものの払い戻しができる場合もあります。

長距離の移動に高速バスを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

まず大きな利点として挙げられるのが何より料金が安いということでしょう。

もちろん安全面も考えますと安ければ良いとも言い難いところがありますのでその点事前にしっかり下調べしておかなくてはなりませんが、移動に安さを求めるという人には最重要ポイントのひとつとなる部分です。

また意外と時間の有効活用になるということがあります。

夜間の移動ならその最中に休息が可能なので翌日も時間に余裕をもってスケジュールをこなせます。

移動中も着いてからも有意義に過ごしたいですね。

高速バスをはじめて利用するという人は車酔い対策やむくみ予防、乾燥防止のアイテムを揃えていくと良いでしょう。

飴は乾燥や車酔いだけでなく小腹がすいたときにも役立つので持っていくと便利です。

それからバスの発着場所は間違えのないよう確認しておきます。

普通の路線バスとは場所が違うことがほとんどですので地図はすぐ確認できるようにし時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

夜行なら移動中寝ることになるのでリラックスした服装にし歯ブラシやメイク道具なども忘れず準備しておきましょう。

それから大事なものは貴重品ケースなどに入れ持っておくと安心です。

夜行バスで長距離移動するとなると便意を催したときが不安です。

就寝時間帯に移動するタイプのバスならそれほど困らないかもしれないですが、余裕で数時間は乗っている乗り物ですから何度か行きたい気持ちになる場合もあるでしょう。

運転手さんのためにも数回休憩をとりつつ目的地へ向かうので何時間も我慢を強いられることはないでしょうが、例えば車酔いしてしまったなどすぐさま行かなくてはならないという場合も可能性としては考えられます。

しかしそんな不安もトイレ付き車両ならば解消されます。

あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。

予想外の出来事などで予定が急にずれ込んでしまった場合など夜行バスは乗車当日でも座席がとれるのでしょうか?調べてみますと空席があればその日に予約をして乗ることができるところもあるようです。

夜行バスでは特に乗れる可能性が高いようなのでネットで調べれば案外すぐ見つけられるのではないでしょうか。

何本も運行しているようなバスなら席が取れるかもしれません。

しかしそうは言っても席の予約は必須で行けば乗れるというものではありませんので事前にしっかりとっておきましょう。

夜行バスをはじめて利用するという人は車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。

乾燥にはマスクや飴、むくみには着圧ソックスやマッサージグッズがおすすめ。

それからバスの発着場所は間違えのないよう確認しておきます。

わかったつもりで間違っているのが一番怖いので地図は必ず忘れないように持ち集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。

乗車中に寝る夜行ならゆったりしたワンピースなど楽な服装にし歯ブラシやメイク道具なども忘れず準備しておきましょう。

それから貴重品ケースなどで大事なものは身に着けておくと安心です。

長距離移動の課題として挙げられる時間の有効活用法は夜行バス移動の悩みどころのひとつとして挙げられるでしょう。

寝ている間に着くという意見もあるかと思いますがどうせなら仕事や趣味に利用したいと考える人もいることでしょう。

情報サイトなどを見てみると選択条件に無線LAN搭載車があるところもありました。

ネットは仕事をするにもゲームをするにもあるとありがたいですし、スマホやタブレットの携帯率が増えた現代ではかなりの需要があると思われます。

車内でゲームなどをするときには言うまでもなく周りの人に配慮して光や音ができるだけ漏れないようにしましょう。

東京大阪間は夜行バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

移動時間は長いですが5000円から8000円くらいの格安料金がほとんどです。

違う手段での移動を考えてみますと新幹線なら3時間になりますが14500円ほどの金額になります。

飛行機なら飛行時間は1時間強と早いですが気になるのは一万円以上かかる費用と空港までの移動です。

こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。

もちろん移動に何を求めるかは時と場合にもよるでしょうから旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

実は初めて夜行バスを利用してみる!そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

一番手軽にできるのはネットからでしょうか。

空席確認だけでなく座りたい席を選ぶこともでき乗りたい車両の確認などもできますので便利だと思います。

また他に電話という方法もあります。

わからないことや聞きたいことがある場合は電話で聞いてみるのも良いかもしれませんね。

一部では窓口に行けば直接購入できたりコンビニ端末を利用できたりするところもあるのだとか。

いろいろ選べるのはありがたいですよね。

引用:夜行バスと飛行機どっちが便利?意外な結果!【安全なのはどっちなの?】

普通でも料金の安さがウリの夜行バスですが往復料金でもう少しお安くすることも可能なのでしょうか。

サイトなどを調べてみますと同一区間で行き来するというケースでは割引対象となることもあるようです。

適用されるためには出発前に行き帰り両方の乗車券を買っておかなくてはならないとのこと。

とはいえそういった割引がない路線もあるらしいので事前にサイトなどで確認しておくことをおすすめします。

もともとの料金設定が安めですし運が良ければある、程度の心持でいるのが良いのでしょうね。

バス会社のホームページを見るとディズニーランド行きという夜行バスが多くあることがわかります。

日本中にファンがいる国内屈指のテーマパークなわけですから日々日本各地からバスが集まるのも不自然ではないのでしょう。

現地着の路線なら何もなければ開園まで余裕のある時間に着くのでパークの営業時間をまるまる楽しむことができます。

さらに料金が安いのでそこに使わなかった分園内の可愛い食事やおやつはたまたお土産にもまわせますし、今までより一回余分に行けるようになるかもしれません。

こういったことがあってたくさんの利用者に選ばれているのでしょうね。

今の時代移動中に気がかりなこととして挙げられるのがスマホやゲーム機のバッテリー。

隙間時間だけいじっていたつもりでも気づけば残りわずかになっていてびっくり!ということもしばしばあるかと思います。

乗っている間に充電できる乗り物と言えば新幹線も挙げられますがなんと夜行バスにもコンセント付きで使えるものがあるそうなんです。

情報サイトでは特集を組んで比較されるほどに注目度の高いサービスであると考えられます。

個々の座席に設置されているのも利用しやすくて嬉しいですね。

様々なランキングサイトがありますがその中でも夜行バス会社についてそれぞれの評判を比較してみましょう。

夜行バスの運行本数が多いというVIPライナーですがこちらは独自のサービスや充実した設備が人気のようです。

それからサンシャインツアーも格安ということで人気ですがパックツアーも充実しているので利用者に選ばれているようです。

またド派手なバスでも有名なWILLEREXPRESSについてはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

このように選択肢はたくさんありますが重要な選ぶ基準として安全面へのこだわりも含めて検討するのが良いと思います。

長距離をバスはどうしても乗っている時間が長くなります。

その移動時間が長くて疲れると感じる人のために対策を考えました。

まず何もすることがなくて暇でつらいという人にはモニター付きの車両がオススメです。

本や漫画を読むと酔ってしまうという人でも座席の前にあるモニターでの映画やゲームなら楽しみやすいかもしれません。

そして体勢的に体に負担がかかると感じる人はエアクッションなどで首や腰の位置を調節したり、あるいは少なめの座席数でゆったりと過ごしやすいバスに乗ってみたりすると良いかもしれません。

トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。