就職や独立に役立つ資格とは?

資格として確実に食べていけるのは、医者と弁護士と公認会計士といわれています。
医者の場合は資格を取ることよりも、医学部に入学するのが難しくて、医師国家試験の合格率はかなり高いです。
残りの二つの弁護士と公認会計士は、大学に入学してまじめに通えば受験資格を取るのはそんなに難しいものではありませんが、試験自体が難しくて合格率がかなり低い資格です。
弁護士も会計士も独立して開業するにはいい資格で、特に公認会計士は企業に就職するにもいい資格です。
それに個人で開業するにしても、企業のコンサルティング業務や会計業務と多岐に仕事が渡るので、かなり使える資格です。
しかし先ほど書いたとおり、かなり難関な資格でほとんどの方は大学に行きながら専門学校に通い、一回で合格する方は数少ないとても難しい資格です。
大学三年時以降は、遊ぶ時間はほとんどないぐらい勉強しないと取れない資格です。
しかし取得すれば間違いなく就職にも独立にも役立ちます。
医療事務資格取るための勉強法とは?【独学では合格できない?】