育毛剤の種類にはどんなものがあるのか?

現在の日本には、「薄毛」に悩む方が多くいらっしゃいます。

男性では1000万人、女性でも600万人いるとされ、さらに増加傾向にあります。

そんな方々の強い味方と言えば「育毛剤」です。

ここでは、育毛剤の種類について簡単に見て行きましょう。

まず1つ目は、塗るタイプです。

これは薄くなっている部分に直接塗るという、昔からあるオーソドックスな商品で、髪が生える効果がある「ミノキシジル」を配合しています。

使用方法としては、シャンプー後に毎日2回塗り、頭皮マッサージをすることで効果が出ます。

ただし、肌に直接塗るので体質によっては、アレルギー症状や炎症を起こす可能性もあります。

2つ目は、飲むタイプです。

これはAGA(男性の薄毛)に最も効果があるとされています。

吸収力が良く、即効性があります。

このタイプは、有効成分によってプロペシア系・ミノキシジル系・サプリメント系に分類されます。

3つ目は、育毛グッズです。

これには頭皮マッサージブラシや毛穴の皮脂を洗い流すシャワーヘッド、頭皮用のクレンジング剤、頭皮ケアキャップなどがあります。

最後は育毛シャンプーです。

これにはアミノ酸系・石鹸系・アルコール系があります。

なるべく安くAGA治療をするのなら市販の育毛剤を使うのも方法です。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが品質面で不安がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行促進がミノキシジルの育毛効果なので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

ストレスを溜めない事や刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を誘発する場合があります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるというのは薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛は薄毛の病気にかかっている不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症しミノキシジルをでも同様の副作用があります。

日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

しかし、どのような薬にも副作用があるので服用前にどんな副作用が起きるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で影響が大きいものと言えば肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

又、プロペシアはそもそもが前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの検査数値に変化がみられる場合もあります。

この他にも長期間の服用で男性なのですが乳癌を患ったりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGA治療に励むのであれば毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

仕事が忙しいからとファストフードやコンビニ弁当が主食になっているようでは脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛を摂ることで抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれていますよ。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果も高いのでストレスの軽減にも効果的です。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題でしたね。

彼らがCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌はハゲの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

AGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしている方も増えましたよね。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出しやすくなったのではないでしょうか。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、全然治療の成果がでてないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の医師に診ててもらうことをおすすめします。

病院で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を使うよりはコスパが良いでしょう。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことで一層、効果があがるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。

AGA治療薬として知られているプロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく自由診療なので高価なことが難点でした。

最近ではプロペシアでもジェネリックが販売されるようになり従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

参照:【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品の有効成分を使って同じ効果と安全性を確保すればいいのですから、ローコスト化が可能になり、従来の2~5割程度で提供できるのです。

AGA治療ではプロペシアという内服薬やミノキシジルという塗り薬が使われます。

プロペシアは病院を受診して処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので薬剤師がいればドラッグストアでも買う事ができます。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが日本でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

飲み薬のミノキシジルはネットで海外から取り寄せができますが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長期が短縮されてしまうことにより発症します。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる飲み薬を服用しDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

他にはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進して細胞分裂を活性化する治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は100%自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険が適用されない医薬品は市販されている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店に任されています。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ店によっては数千円の価格差があったのです。

更に処方箋をもらうためには診察を受けなければならないので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。

AGAは男性ホルモンにより発症するのですが生活習慣や食生活も無関係ではありません。

人間の身体は血液が循環されることによって酸素や栄養が運ばれますから健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪の毛に必要な栄養も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流を改善することが大切となります。

ストレスなどは血管を収縮させてしまうので薄毛治療には大敵ですが喫煙も薄毛治療の大敵となります。

頭皮が凝り固まっている人は血流を改善するために頭皮マッサージなどが有効です。