行政書士の資格ってどんなの?

近年、行政書士の資格にスポットライトが当たる機会が増えてきました。
この資格は古くからあるものですが、行政機関に提出する文章を代行することができるため、社会的に非常にニーズの高いものとなっています。
行政書士は行政機関で一定の年数働いていた人や、弁護士の資格を持っている人などが登録を行うことによって登録を行うことができますが、毎年行われる行政書士の国家試験に合格することによっても資格を得ることができるようになっています。
国家試験の合格率は非常に低いことが知られており、大学の法学部などの学生であっても1度で合格することは至難の業といわれています。
しかし、この国家試験には受験資格が一切設けられていないことから、どのような立場の人であっても受験することができます。
最近では国家試験対策のための予備校に通う人が増加しており、市販の問題集や参考書を利用するよりも効果的に学習することができるようになっています。