引っ越し上手な見積もり方法とは

引っ越しは家族が多ければ多いほど荷物も多くなるので費用が掛かります。
実際に引っ越しをする時には複数の業者に見積もりをとることをお勧めします。
実際に現地で見積もりをしに来た業者はその場ですぐに契約してもらおうと今契約したらいくらにしますやいくら値引きしますといった提案をしてきます。
この時すぐに契約してはいけません。
あくまで複数の業者に見積もりをとってから最終的にどの業者に依頼するか決定することが大事です。
この時その場になくても引っ越しの時に運搬してもらう荷物がどのようなものがあるのかを伝えて、追加の荷物がある場合に追加料金が必要となるのかといったことを確認しておきます。
業者は最後に段ボールを置いて行こうとしますが、これは自分のところに決めてもらいたいのと他の業者へのけん制となるものです。
後でその業者に決めない場合、一般的には返却必要となりますので、どの業者にするか決めるまでは持って帰るように言いましょう。