プロが使うFXのシストレソフトは日々進化しています

FX取引のプロは投資銀行が作った特注ソフトを使用していますが、そのソフトの内容は次第に進化しており人間の思考過程に匹敵するものも誕生しています。
ここまで来ると単にシストレと言うより自動取引システムと言った方がいいほどですが、どちらにせよある程度の入力をしてからソフトを起動させる必要があり、突発的事象が起きた際にはそれに対応して設定の変更も必要です。
突発事項をトレーダーが知るのはニュースですが、ロイターなどが発信するニュースを読んで、設定変更をしています。
しかし、最新のソフトでは配信されたニュースをシストレのソフトが読んで、その単語に合わせた設定変更をしてしまうのです。
このような事態にスピーディーに対応できる必要があるのです。