FXには事前に入金した証拠金の数十倍の金額をトレードできるレバレッジという仕組みがあります

FXは、事前に入金した証拠金の数十倍の金額のトレードが出来るレバレッジと呼ばれている仕組みがあります。
レバレッジを効かせれば大きな収益を得られますが、反対に失敗したケースでは多額の損失が出ることがあり、これが不利な点だと言えます。
損失額が預託している証拠金を超えてしまった場合、さらに不足した金額の支払いが要求されます。
FXで負けない人間になるためには、暴落の危険性を真剣に考えることが重要なのです。
暴落など考えられない場合でも、一応、その危険性を考えたトレードをしましょう。
FXに絶対ということはないので、ひょっとして、ということも考えておくことです。
ドルの場合を例にとると、利益を出しにくいのですけれど、その代わり危険性も少ないのです。
外国為替証拠金取引で勝つコツは前もって、利益確定や損切の規則を設定しておくことです。
もしも、定めていないと、利益が出ている際にどこまでポジションを持ち続けていいか判断に迷いますし、損失が発生しているケースでは、ズルズルと保有し続けて、損失が大きくなる恐れがあります。
株式取引では自動的に税金を差し引く特定口座があるのに対し、FXトレードの場合はまだ特定口座がないので、税務署に自分で税金を納める必要があります。
だけど、計算間違いや、つい忘れたりして脱税するミスが増えています。
税率が株式と同じ程になったFXでも特定口座制度の設立が期待されているのです。