生活習慣病にならないためのナビ

生活習慣病とは

生活習慣病は、厚生労働省によると「運動、食生活、喫煙、休養、飲酒等の生活習慣によって発症し、進行にも影響を及ぼされる疾患」とされています。

 

中高年の患者がどちらかといえば多いという印象がありますが、このような点から考えると、不規則な生活リズムや食生活の乱れ、あるいは運動不足などの理由によって若い人達であっても発症する可能性があるのです。

 

そのようなことで、成人してから掛かる疾病を成人病といい、生活習慣病という風に区別しているようです。

 

1996年に公衆衛生審議会が開催されからは、加齢が主な原因となる病気が成人病、日常生活に原因がある病気を生活習慣病と呼ぶことにしました。

 

生活していく上で、環境や食事、飲酒や喫煙の習慣だけでなく加齢によるリスクが蓄積してしまった結果、病気を発症し進行させてしまうものなのです。

 

では、生活習慣病にはどのような疾病が含まれるでしょう。

 

高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、がん、脳梗塞、高尿酸血症、アルコール性肝障害、骨粗しょう症、歯周病などが挙げられます。

 

ただし、先天性の病気は除き、家族性の循環器疾病や高脂血症などは含まれないことになっているということです。

 

疾病は自覚症状がないうちに少しづつ進行していることが多く、診察を受けて初めて発症していることを気づく方もいます。

 

規則正しい生活を送ること、定期的に検診を受けることなどで予防することも出来ると言われています。

 

生活習慣病の検診をきちんと受け、正しい知識を身に付けることは自分の身体を管理するという意味でも大切ではないでしょうか?

関連情報